TEAM

 
ProfMatsuda.jpg

松田 文彦

Founder 取締役 最高顧問

1984年より京都大学医学研究科の本庶佑教授のもとでヒト抗体H鎖遺伝子座の構造の解明に一貫して取り組み、15年にわたる研究の結果、1998年に約1Mbの全領域の塩基配列を決定し、抗体の多様性の分子基盤の解明に成功した。

1998年より2007年までは、フランス国立ジェノタイピングセンターの部長として、複合遺伝性疾患の感受性遺伝子の探索に従事し、網羅的ゲノム解析によって肺がんの感受性遺伝子、高脂血症薬スタチン服用の重篤な副作用である横紋筋融解症の原因遺伝子の同定に成功した。

2003年4月から京都大学医学研究科教授を併任し、ヒト生物学研究のモデルケースとして、一万人の地域住民を対象としたゲノムコホート研究「ながはま0次コホート事業」を開始した。また2011年より厚生労働省/日本医療研究開発機構の難病の遺伝子解析拠点として、多くの多施設共同研究を推進している。さらに、2017年より国をあげた新たな難病対策の基盤となる難病プラットフォーム事業の研究代表者として難病レジストリの構築を推進している。

2016年11月からは、パスツール研究所と京都大学の国際共同研究ユニットの研究コーディネータを務めており、ウィルス感染症の生命情報統合解析をパスツール研究所と進めている。

京都大学教授 理事補 大学院医学研究科 京都大学 · マギル大学ゲノム医学国際連携専攻専攻長 附属ゲノム医学センター センター長。

Fumihiko Matsuda, Ph.D.

Founder and Director, Chief Advisor

Professor Fumihiko Matsuda obtained his Ph.D. from Kyoto University Graduate School of Medicine in 1990 on his research of the organization of the human immunoglobulin heavy chain variable region (VH) gene locus under Professor Tasuku Honjo. He continued to work on the same subject as an assistant professor of Kyoto University until 1998 when he succeeded in the elucidation of genetic basis of antibody diversity by determining the nucleotide sequence of the entire human VH gene locus. In 1998, he joined Centre National de Genotypage in Evry, France as the head of gene identification. In 2003, he obtained a double appointment as a Professor of Kyoto University Graduate School of Medicine. From 2007 to 2010, he served as the directeur de recherche of INSERM (U. 852) and since 2008 he has been the Director of the Center for Genomic Medicine. Through various positions he has engaged, he has consistently devoted himself to the research for the human disease genomics using genome-wide approach. His major research interests include integrated omics analysis of human multigenetic disorders and large-scale genome cohort study. Since 2017, he acts as the principle investigator of the Nation-wide rare disease registry program financed by Japan Agency of Medical Research and Development (AMED). He has experience in working in France for 10 years with international collaborators and is also promoting international collaborations with France, Canada, U.K. and Asian countries. He takes a position of Scientific Coordinator of Institut Pasteur-Kyoto University International Joint research Unit for Integrative Vaccinomics since November 2016.

 

山崎 寿郎

代表取締役 Co-Founder

1986年同志社大学法学部卒、マイアミ大学ロースクール比較法修士課程修了。米国日立グローバルストレージテクノロジーズ知財部長、日立製作所知的財産本部知財ビジネス本部長、RPX Corp副社長兼RPXアジア株式会社代表取締役社長、大阪工業大学知的財産学部教授、知財支援機構株式会社代表取締役社長、Unified Patents Asia社長、京都大学産官学連携本部戦略企画室長、米国LOT Network, Inc.副社長等を歴任。知財支援機構その他計4社を立ち上げた経験をもち、2011年にはRPX Corpを設立後2年半でNASDAQ上場に導いた。経営管理、事業開発、マーケティング、ライセンスおよびM&Aに関する33年間の国際的な経験をもつ。

Hisao Yamasaki

Co-Founder, CEO

Hisao is a Founder and the CEO of Geno Concierge Kyoto.  Prior to Geno Concierge Kyoto, he served as the head of strategy and planning at the Office of Society-Academia Collaboration for Innovation of Kyoto University and the President of RPX Asia. He also held a 25-year career at Hitachi as the General Manager of IP Business Development and Licensing, responsible for all business aspects of intellectual property assets, including licensing strategies and operations, and patent portfolio balancing transactions such as acquisitions and sales. Hisao serves as the CEO of Syndefense Corp, President of Unified Patents Asia, Vice President of LOT Network, Inc. and Professor in the Faculty of the Graduate School of Intellectual Property at the Osaka Institute Of Technology.

 

Advisory Board Members

 

川口 修治

京都大学医学研究科 医学研究科附属ゲノム医学センター 助教

2007年九州大学大学院数理学府博士課程修了、博士(数理学)。九州大学大学院数理学研究院COE研究員、理化学研究所研究員を経て、2014年より京都大学医学研究科附属ゲノム医学センター 特定助教、2018年より現職。
これまでに様々な分野における複雑データの機械学習・数理統計学を用いた解析手法の開発を手掛けてきた。京都大学赴任後、高性能HLAタイピングプログラム:HLA-HDの開発における中心的役割を果たした。また現在、難病プラットフォーム事業の研究分担者として様々な難病に適応可能な人工知能解析基盤の構築に従事している。

Shuji Kawaguchi, Ph.D.

Assistant Professor, Center for Genomic Medicine, Graduate School Medicine, Kyoto University

Dr. Kawaguchi obtained his Ph.D. degree in mathematical science from Kyushu University in 2007. His research interests include development of machine learning or statistical method for big data and integrated AI system for cross sectional study of rare diseases. He had developed HLA-HD which is high accurate HLA typing algorithm.