2019

知財戦略会議

- 事業をまもる 研究成果の事業化をささえる 知財戦略 -

2019年10月25日(金) 京都大学 藤多記念ホール

ad623c164affeaa13d0a09c4dd236295_s.jpg

2019年10月25日 (金) 9:30 am 受付開始

京都大学薬学部医薬系総合研究棟

藤多記念ホール

 
 


 

ごあいさつ

 

京都大学は1897年に日本で2番目に創設された帝国大学で、創設以来深い思索に基づく創造的な研究や新規学問領域の構築など、世界に誇るべき諸成果をあげるとともに、多様な経験・知見を有する人材を輩出してまいりました。京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センターでは、遺伝解析とバイオインフォマティクスを駆使した解析により、次世代の疾患解析の研究を進めています。

 

我々の研究成果の事業化活動の一環として、このたびUnified Patents社およびLOT Network社との共催で、2019年度の知財戦略会議を開催させていただく運びとなりました。 本年度の知財戦略会議では、キヤノン株式会社の長澤健一常務執行役員知的財産法務本部長による基調講演につづき、各分野の第一線で活躍される専門家の皆様による、3つのパネルセッションで下記のトッピックをディスカッションしていただく予定です。

  

パネルセッション 1. 産学連携による研究成果の事業化の加速と課題

1. 企業の技術・事業の開発に魅力的なオプションとなる大学の研究リソース活用

2. スタートアップベンチャーによる大学の研究成果の事業化推進

3. 新規開発商品や新規マーケットの防衛の成否を握る知財戦略

4. 医療技術とハイテク技術のコラボレーションで実現させる次世代医療

パネルセッション 2. 企業にとって効果的な規格必須特許とNPE問題への対応テクニック

1. パテントトロールリスクの低減に向けた、短期・中期・長期の対策戦略

2. パテントプールや大型のライセンシングカンパニーへの対応 ー Video Codec and 3GPP/LTEなど

3. 侵害訴訟による知財防衛戦略

4. 有効性に疑義のある特許の権利行使に対する防衛戦略

5. 規格必須特許プールのロイヤルティースタッキング問題とFRAND料率 ― fair priceの算出のしかた

6. 最近注目されている具体的な知財活用事例

パネルセッション 3. 企業の知財ポートフォリオ価値の向上と活用をどのように行うべきか

1. 自社特許のライセンス活用による実施料収入の研究開発への再投資

2. 侵害訴訟による知財活用戦略

3. 事業会社同士の直接知財取引による研究開発投資の合理的かつ適正な対価の回収

4. 規格必須特許プールにライセンサーとして参加するべきか ー Video Codec and 3GPP/LTEなど

5. パテントトロールに特許を売却するべきか

6. 最近注目されている具体的な知財活用事例

知財戦略会議は、企業で経営、研究開発、知財の戦略を担当されている専門家の皆様、大学その他の研究機関において新規な技術や製品の研究開発に携わっていらっしゃる専門家の皆様にお集まりいただき、活発な意見交換とネットワーキングをしていただくイベントです。

ご登壇者くださるパネリストの皆様は、グローバルなビジネスを展開されている企業の知的財産部門の幹部、世界最先端の研究開発の第一線で活動されている研究者、法務やファイナンスの専門家など、グローバルなイノベーション活動で中心的役割を果たされている方々で構成されています。

本イベントへは、企業、大学、研究機関でお勤めの各分野専門家の皆様に多数ご参加いただきたいと存じます。会議の言語は日本語または英語とさせていただき、日英同時通訳を提供させていただく予定です。席数に限りがございますのでご参加のお申込みはお早めにお願い申し上げます。参加のご登録は下記の参加申込ボタンからお願いいたします。

 

ご意見ご質問は、イベントコーディネータ(info@gckyoto.com)までご連絡ください。

 

京都大学・マギル大学ゲノム医学国際連携専攻 専攻長 

医学研究科附属ゲノム医学センター長 教授

パスツール研究所・京都大学国際共同研究ユニット ディレクター

松 田  文 彦 

 


 

会期       2019年10月25日(金)9:30 – 17:30

 

行事名    知財戦略会議2019

 

会場       京都大学薬学部医薬系総合研究棟1F 藤多記念ホール

〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46-29

 

アクセス www.pharm.kyoto-u.ac.jp/access/campus/

 

参加費    無料

 

定員       306

 

招待先企業の研究開発・知財・経営戦略部門および政府、大学、研究機関のご関係者、学生。イベントスポンサーおよびご登壇者のご招待客を除くサービス業者様は空席状況に応じ登録を受付させていただいております。

 

 

Map

 
 
 
 

 

参加申込

 

Hosted by

 

Supported by


DIAMOND SPONSOR

 

PLATINUM SPONSORS

 

GOLD SPONSORS

 

SILVER SPONSORS

 

DINNER SPONSOR

 

Connected By

 

Past Events